運転資金とは違う?

事業資金と運転資金の違い

金融機関から融資を受けようとすると、必ず聞かれるのが資金の使い道です。使い道には大きく事業資金と運転資金の2つがあります。2つの違いを正確に区別した上で事業計画を立てることが融資をスムーズに受けるために大切なことと言われています。事業資金は、土地や建物、機材など事業を続けていく上で長期的に必要なものを購入するための資金です。開業時や事業拡張時などに必要に応じてかかる費用です。一方、運転資金は事業を運営していく上で定期的に支払っていかなければならない資金です。代表的なのが人件費です。仕入れにかかる費用や広告費、家賃、消耗品費なども運転資金に含まれます。その他税金や社会保険料なども運転資金に該当します。

事業資金の方が融資を受けやすい

金融機関から融資を受ける際に事業資金と運転資金では、融資の受けやすさが大きく違います。融資を受けやすいのは事業資金です。使い道の自由度が高い運転資金では融資の限度額が低かったり短期間での返済を求められることも多くなります。一方、事業資金は運転資金に比べ借り入れ金額を多めに設定できたり、返済期間も長めにできたりします。事業資金は運転資金に比べ使い道がはっきりしているためです。事業資金として借り入れを行う場合には、事業計画とともに計画を実行する上で必要な見積もり書の提出を求められたりもします。融資後も実際に融資した資金が借り入れ目的通り使用されたかを確認するために、領収書などの提出を要求されるケースもあります。

© Copyright Social Business Fund. All Rights Reserved.