自己資金を利用する方法!

事業を始める際の資金の集め方とは!

何か事業を始めたいという時に、その事業の方向性や会社設立の際の法的な手続きなど、考えなければならないことは色々とありますが、必要なお金をどう集めるかという事も重要なポイントです。まずは国の機関や様々な金融機関から事業資金を融資してもらう方法です。この方法は金利が低いなどのメリットがありますが、特に金融機関などでは審査が厳しいというデメリットもあります。

また、ビジネスローンには審査が通りやすいというメリットと、金利が高いなどのデメリットがあります。その他、ファクタリングには資金調達にかかる時間が短いという長所、手数料が割高な傾向にあるという短所があるなど、資金調達方法には一長一短あります。そして、資金の調達法には自己資金を利用するという方法もあります。

自己資金はどのくらいあると良いのか?

自己資金は、その名の通り自分の持っている資金で、事業を行うためには銀行などの貯蓄や退職金、株式の売却金など使えるものは何でも使っていく必要があります。自己資金のみで賄えれば、審査結果を心配することもありませんし、金利が付くこともありません。

さらに融資制度を利用しようとする時にも、自己資金が多い方が審査の際に有利になったり、一定額の自己資金が無ければ審査自体を受けられないこともあります。そういった意味でも自己資金は多いに越したことはありませんが、具体的にはどの程度の自己資金があると良いのでしょうか。その業種によりあったほうが良い資金の額は違ってきますが、初期投資が必要な業種や業態の場合には500~1000万円程度、それ以外の業種では300万円程度が理想とされています。

© Copyright Social Business Fund. All Rights Reserved.